東京でセフレ募集のアプリ

東京でセフレ募集のアプリ|セフレを作る方法

東京都内で人気のあるセフレ募集アプリをまとめました。セフレが欲しいなら会員の多いセフレ募集のアプリを使うのが近道です。セフレを作れるアプリをランキングにしてまとめました。

 

1位 PCMAX

総合評価:★★★★★


 

2位 ハッピーメール

総合評価:★★★★★


 

 

「セフレ」という言葉を真剣に考えてみた

私は30代♂である。
10代後半〜20代後半にかけてセフレ募集アプリ、SNS等で遊んできた。
彼女も作った事があるし、いわゆるセフレも何人かいた。
が、今私はセフレという言葉を使ったが実際本人、友人等にセフレなどと紹介した事はない。
セフレって一体何なの?セックスしかしない関係?お互い結婚もしくは恋人がいたとして遊んでいても食事もするし会話もするでしょう。
セックスの相性が当然いいとしても会ってすぐ黙々とセックスしてではバイバイにはならないでしょう。
そんな事務的な作業は風俗以外にないですよね?という事は恋人、不倫相手とやっている事は変わらない。
単に<気持ち>と<言い方>の違いだけでしょう!という結論に至る。
が、そんな事本命の恋人の前で「本命とセフレの違いなんてやってる事一緒だから言い方の違いだけでしょう!」なんて言っちゃったら大変な事になるのでご注意を。
私は♂だから、あの子は顔性格はアレだけどアレが上手だったからまた会いたいな〜、と思って会った事は確かにある。
逆にあの子は性格もいいしスタイルもいいけどセックスがよろしくないから長続きしなかった、という事も無きにしも非ず。
だからといって相手に一切の情がないかと言えば絶対にあったし楽しい時間を過ごしたといい思い出になっている訳だから、「昔のセフレが」なんて言っちゃうの悲しいくない?何を言いたいのかというと、「セフレ」という言葉には自分だけかもしれないが、そこに感情がなくただ「欲求を解消する為の相手」としかとらえられないから「セフレ」という響きは嫌いだ!という事です。
これからは「遊び相手」と言いましょう!
【セフレ募集エリア:東京都港区新橋周辺|30代|男性|運送業】

 

晴れ着だから大人しくしたいのに両君がちんこ立てちゃった

遼君初詣終わったら、姫初め姫初めって煩いの。桃子は今日晴れ着だものそんなことしたくないって言ってる。せっかく海のそばの神社に来たのだから、夜だけど海辺をゆっくりドライブしたいわ。波打ち際の外に暗い海が広がっているわ。遼君と初めてアプリを通じて知り合ってデートしたのも海だったわ。キスしてセフレになったのも海に行ったとき。私たち海に縁があるのよね。
あ、駄目っていうのにまた手伸ばして、運転しながらそんなことする人いないわ。遼君て変態じゃないかしら。このままセフレ続けてもなんか頼りなさそう。またアプリで誰か探しちゃおうかな。アプリって良いわ、慣れたら便利で楽しい。あーん、ダメって言っても手伸ばすから放っておいたらいつの間に奥まで、気持ちよくなってきちゃった。足の力抜けていくわ。遼君のばか。あーん何でそんなにつつくの、パンティの上からでもそんなにつつかれたら、あー濡れてきちゃった。駄目、毅然としないと遼君に悟られるわ。着物脱いだら大変なことになっちゃうもの。
遼君はどうなのかしら運転してても大きくなるの?わ、ぎんぎん、困ったわ触ったらもうギンギンで、セフレしてはどうしたら好いのかしら。もっと触ってと言うのでジッパー下げてみたら屹立して破裂しそうなの。さすがにこれはかわいそう、私がセクシーだから?私の責任ね。
遼君いつの間にか間道に入って辺鄙なところに車止めてるずるいわ、あー私のきれいに結った頭に手をかけて自分の股間に、ちんこ口に入っちゃった。あー喉の奥まで大きくなってくるわ。嘗めてると私も濡れちゃうのは何故?あーじんじんしてくる、早く遼君抜いちゃぉー。
神奈川県 女性 20代 会社員

 

出会いアプリに偽りの画像を掲載した女性と結果的にセフレとなりました

私は結婚してからも女遊びをやめる事が出来ず、妻に内緒で出会いアプリ【http://www.wxfalv.com/】で女性と会っていました。
そんなある日私は、出会いアプリで飛び切りかわいい女性の画像を見つけました。
そこで私は他の男に取られる前に、素早く彼女に連絡をして、会ってもらう約束を取り付けました。
所が待ち合わせ場所に待って居た女性は、出会いアプリの画像とは似ても似つかわない女性だったのです。
私は人違いかなと思って彼女に確認しましたが、やはり人違いではありませんでした。
これはおかしいなと思い、私は彼女に問いただしました。
そしたら自分の画像では誰も声を掛けてくれないから、友達の画像を掲載したのだと白状したのです。
私はそれを聞いて怒りそうになりましたが、そこまでして男と出会いたいと思う彼女が可哀そうに思えてきて、込み上げて来た怒りも消え去りました。
その後私は彼女としばらく話しをして、彼女が優しく面白い女性であることを知ったのです。
出会いこそ最悪とも言える物でしたが、私は彼女に対して好意を持つようになりました。
なので私はその後も彼女と会い、話をするようになりました。
そして会う度に彼女の事が好きになって行き、彼女の方も私の事を好きになってくれ、終に体の関係を持つまでに至ったのです。
彼女は顔こそイマイチでしたが体の方は一級品で、巨乳で腰がくびれており、形の良いお尻をしていました。
私はそんな彼女の体に興奮をして、貪る様に愛しつくしました。
この事でお互いに相手の事が気に入った私たちは、セフレ関係と成ったのです。
多分彼女が画像を偽る事なく、自分の画像を掲載していたら、私は彼女とセフレになっていなかったと思います。

そこに運命的な物を感じ、私はセフレである彼女に特別な感情を抱いているのです。
「埼玉県|20代|男性|会社員」